外壁リフォーム

Exterior Wall Renovation

「外壁塗装」「カバー工法」「張り替え」による外壁のリフォーム

外壁は雨風にさらされ、日々劣化が進みます。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。また、生活スタイルの変化に伴い、新しい家に生まれ変わらせるためにリフォームを検討することも大切です。リフォームすることにより家の外観を新しくできます。池谷塗装興業ではお客様のご希望をうかがい、最適な外壁リフォーム方法をご提案させていただきます。

外壁のリフォームには、「外壁塗装」「カバー工法」「張り替え」の3種類あります。

外壁のカバー工法

カバー工法とは、もともとの外壁材の上から外壁材(サイディングボード)をかぶせる方法です。
外壁塗装だけでは補修できないような劣化やひび割れは、カバー工法や張り替えで対処できます。

外壁の張り替え

外壁の張り替えとは、もともとの外壁材を全て取り外し、新しく外壁材を取り付けるリフォーム方法です。
劣化が進んで、外壁塗装やカバー工法では改善できない場合は張り替えがおすすめです。

外壁の塗装

外壁塗装とは、洗浄や下地処理をし、塗料を重ねて塗布します。塗替えだけではなく、耐熱機能や防水機能などの機能向上が可能です。

外壁塗装はこちら

外壁のカバー工法

外壁のカバー工法の種類は、既存外壁の素材で変わります。

◇窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメントに繊維質を混ぜ、板状に加工したものです。加工がしやすく、タイルやレンガ調、木目調などさまざまなデザインがあり日本の住宅で多く利用されています。
また、金属系や樹脂系と比較して費用を安く抑えることができます。ただし耐久性が低いため、定期的なメンテナンスが必要です。

◇金属系サイディング

金属系サイディングとは、金属を成形して作られた外壁材です。
ひび割れが起こりにくく、高い耐久性があります。さらに、軽量なため、地震の際に揺れが少なくなるメリットがあります。

◇樹脂サイディング

樹脂サイディングとは、プラスチックを利用した外壁材です。
耐久期間が20年ほどあり、他の外壁材と比較してあまりメンテナンスの必要がありませんが、その分価格も高く、また、他の外壁材と比較して、色やデザインの選択肢があまりありません。

どの外壁材(サイディング)に利用するかお客様のご希望をうかがいご案内いたします。

◇シート建材

外壁や内装に天然石や天然木と見紛うばかりの素材感を表現する薄型・軽量のシート建材です。柔軟性があり、曲面への施工も可能です。エレベーターホールやエントランス等、高級感が求められる場所にも最適です。また、自然石やタイルと比べて軽量であり、下地との密着性に優れるので剥落などの危険性が少なく安全です。
シート建材の詳しくはこちらをご覧ください

カバー工法のメリット

カバー工法はもともとの外壁を剥がしたり、処分したりする手間がないため、張り替えよりも工事期間が短く費用を抑えることができます。
また、外壁材を重ねるため、壁の厚みが増し、高い耐熱性と遮音性が得られます。
塗り替えではカバーできないくらい劣化している外壁には、カバー工法をおすすめします。

外壁の張り替え

外壁の張り替えとは、もともとの外壁材を全て取り外し、新しく外壁材を貼ることです。
劣化が進んでおり、外壁塗装やカバー工法では改善できない場合は張り替えがおすすめです。

張り替えの種類は、外壁材の種類によって分類でき「サイディングからサイディング」に張り替えや「その他既存壁からサイディングに張り替え」などの場合があります。

張り替えのメリット

外壁張り替えの最大のメリットは、塗装やカバー工法でも修復できないような劣化にも対応できるところです。また、古い壁材を取り除いて新しくするため、美観と耐久性があがり、長く住むことができます。
さらに、張り替えの場合はカバー工法と違い、建物全体の重さがあまり変わらないため、地震の際に建物の揺れが大きくなる心配がありません。

静岡県西部の外壁リフォーム・屋根リフォームなら池谷塗装興業にお任せください。

まずはお気軽にお電話【0538-35-9913】またはお問合せフォームよりご相談ください。