屋根リフォーム

Roof Renovation

「屋根の塗装」「カバー工法(重ね葺き)」「葺き替え」による屋根のリフォーム

屋根は、雨風や日差しから家を守る役割を持っています。常に外に晒される屋根は、少しずつ劣化していきます。
そのため、定期的なメンテナンスが必要になります。

傷みが少なければカンタンな補修工事や「屋根の塗装」で済みますが、年月が経ち、複数の箇所が傷んでいたり、劣化や雨漏りが下地にまで進んでいたりする場合は、「カバー工法(重ね葺き)」「葺き替え」というリフォームが必要になります。

池谷塗装興業では、、屋根やその周りの劣化状況を丁寧に調査し、どのような工法が適切なのかお客様にご説明させていただきます。また使用する屋根材によってそれぞれ施工金額も異なりますので、費用面でも比較しご提案いたします。

次のような症状がある場合は屋根のカバー工法もしくは屋根の葺き替えをおすすめします。

 

◇屋根材に多数のひび割れがある
◇屋根全体が色あせている
◇屋根にコケやカビが生えている
◇天井に雨染みの跡がある
◇雨漏りによる天井のシミ
◇棟板金が外れ、木材が腐食している

 

屋根のカバー工法(重ね葺き)

カバー工法とは、今ある屋根の上に、防水シートと新しい屋根材をかぶせる工法のことです。
通常の葺き替えでは、既存の屋根を解体しますが、カバー工法では解体作業を行わないため廃材の処分費用がかかりません。

屋根の葺き替え

葺き替え工事は、既存の屋根材を全て撤去し、新しい新品の屋根材を被せる改修工事のことです。
下地である野地板や防水シートも取り替えるのが一般的です。屋根の劣化が激しい場合はこちらの工法になります。

屋根の塗装

塗料で塗り替えを行う工法で、定期的なメンテナンスを実施して、適宜塗装や保護塗膜を施します。
劣化が進行している場合は他の方法になります。

屋根塗装はこちら

屋根のカバー工法(重ね葺き)

カバー工法では解体作業が不要のためコストを抑えられるだけでなく、工期を短縮できるというメリットがあります。

  • 廃材が出ないため、撤去や処分の費用がかからない。
  • 既存の屋根の撤去、下地の補修をしないので仕上がりが早くなります。
  • 屋根が二重になるので、遮音性、断熱性、防水性が向上します。
  • パミール使用の屋根の劣化が認められた場合は、できる限り早期にリフォーム工事をおこなうことをおすすめします。
    不具合を放置した場合、躯体に雨水が入り込み腐食してしまう恐れがある他、台風などで屋根材が飛ばされやすく、近隣への物損事故や人身事故をまねき兼ねません。できるだけ早く、屋根専門業者にご相談ください。 

    パミールとは、1996年から2008年に屋根材大手メーカーのニチハより製造された屋根材(スレート屋根)です。

    パミール屋根には塗装はできません!
    屋根材に、2倍以上の負担がかかる太陽光パネルを設置するのは大変危険です。パミール屋根の修繕は、金属屋根へのカバー工法か葺替えのみ

下地材のチェックが必要ですが、リフォームの費用を抑えたい、工期を短くしたい方にはカバー工法がピッタリです。

ただしご自宅の屋根や下地の損傷が激しい場合、カバー工法を施工することができませんのでご了承ください。

屋根の葺き替え

屋根をすべて解体して、屋根の表面だけでなく、下地である野地板や防水シートも場合により新品に交換します。

屋根の劣化がなくなり、建物を風雨、紫外線から守る機能がよみがえります、家自体の寿命を延ばすことができます。

また、屋根の葺き替え工事は、例えば瓦→スレート屋根、金属屋根など、素材自体を新しくするため、家の外観を一新し、違った印象にすることが可能です。

屋根材が重いと、建物にかかる負担が大きくなります。スレート屋根や金属などの軽い素材の屋根材に取り換えることで、建物への負担が少なくなります。軽い屋根にすることで基礎部分や柱に負担がかりにくくなり、耐震性も高まります。

静岡県西部の外壁リフォーム・屋根リフォームなら池谷塗装興業にお任せください。

まずはお気軽にお電話【0538-35-9913】またはお問合せフォームよりご相談ください。